読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

弁護士さんとの打合せ

弁護士さんと打合せしました。

絶望のどん底。

おはようございます。 絶望のどん底です。 今、私に近寄ると不幸が伝染するかもしれません。 まずはほんの少し幸せな朝食。

今年の振り返りと来年2017年の抱負

こんばんは。 今朝の仕事が無事終了した後、軽く掃除機をあて、ころころで残りのゴミをとり、ぞうきんで拭き掃除し、プライムミュージックでクリスティーナ・アギレラを聞きながら、踊りながら、鏡を磨いて掃除終了。

離婚調停が終わりました。

さて、第2回離婚調停が終わりました。 不調(不成立)で終了です。

離婚裁判

おはようございます。 裁判で離婚する割合は離婚全体の1〜2%らしいです。 少なくないと書いてありましたが、1%って少ない感じがしますよね。 離婚調停と離婚裁判の違いは、調停の場合は双方の話し合いによって結果が出されますが、裁判の場合は裁判所が判…

婚姻費用とは

夫婦には婚姻費用の分担義務があります。 お互いの生活レベルが同等になる様に支えあわなければいけないのです。

第一回離婚調停

先日、1回目の調停がありました。 離婚調停とは、正式には、夫婦関係調整調停といいます。 この調停は私が離婚を求めて起こしたものです。 双方に呼び出しがかかり、指定日に家庭裁判所に出かけます。

義父母に会いました。

今日は子どもとの面会日。 37度を超すとっても暑い日でした。 あちこち移動して帰りのバスを待っていたところ、バスが遅れていてなかなか来ない。 すると、子どもが義父母の車を発見したのです。

毎日がときめく片づけの魔法

前の家にいた時に予約した近藤麻理恵さんの本が今頃になって私の順番になりました。 もう、この暮らしになってからはいつも大体片付いているので読む必要もないかもしれません。 でもせっかく人気の本だから読んでみましたよ。 こんまりさんがどんな人なのか…

離婚調停になります

ようやく、先方から返事があったものの、相変わらずの内容だったそうです。 詳しくは知りません。

夫の友達からの電話で泣いた話

実は、今日のハーフ走の途中で夫の友達から別件で電話があって、その際にみんな変わらずやし、心配してるだけやし、これからも変わらずよろしくと優しい言葉をかけてもらいました。 私は何の説明も無く今に至っているので、そのまま絶縁されても仕方が無いと…

離婚調停を起こすかどうか。

日々の生活に夢中で離婚問題を後回しにしがちな今日この頃。 もう私は夫と暮らす事は二度とありません(断言!)。 なのに、なぜ、拒むのか。 ようやく連絡がありましたが、むこうはやはり離婚したくないそうです。

今日は道路で泣いてしまいました。

↑子どもが私の部屋に来るので掃除をしている際に、捨てようとしたところ芽がでかかっている事に気づきました。グレープフルーツかなにかの種。 去年、急に家を出た私は親戚の人には何も話をしていませんでした。 あちら側の親戚にもこちら側の親戚にもまだ話…

子どもから連絡あり

↑二十日大根の間引き菜です。味噌汁の具になりました。 約1ヶ月ぶりに子どもから連絡があり、会う事になりました。 母の日だからという事です。 私はこどもの日だからといって何かしたかというと何もできませんでした。 ありがたい気持ちと申し訳ない気持ち…

別居前後の心の変化

↑1cmぐらいのキャベツの芯のかけらから葉が伸びてきています。キャベツって生命力強いですね。 その後、進展はありません。要するに何の連絡もありません。 私の心の変化について。 以前の暮らしでは、イライラしたり、怒ったり、何かするのが嫌になったり、…

弁護士から連絡あり。離婚条件を相手側に伝える。

ブログで手の内を明かすのはどうかと思うものの、多分このブログは相手側に発見されていないという希望的観測のもと、進捗状況をお知らせ致します。万が一、発見されても特に相手側を批判する様な事は伏せているのでいいでしょう。 離婚しようかどうか迷って…

別居中の子どもとの面会

バジルの芽も出てきました。 よく、奥さんが子どもを連れて実家に帰るという話がありますよね? ウチもそのケースでした。

離婚への道

やっと紫蘇の芽が出てきました。 多くの人が離婚に興味を持っている やっぱり、皆さん離婚への興味が相当おありの様で…。 私の友達も8割ぐらいの人が離婚を希望しています。 しかし、なかなか行動に踏み切れないのが現実ですよね。 何を守って何の為に生き…

結婚と言う制度

私の結婚観 結婚する時、永遠の愛を誓い合います。 若い女性は憧れる事でしょう。 結婚(入籍すると言う事)はある意味、その関係を法律で保証してもらうものです。 入籍するとお互いの生活レベルに極端な差が出ない様に支えあう必要があります。 一緒に暮ら…

離婚に向けて

家を出る 都合により時系列でお話ししないですが、あしからず。 ある日、私はとつぜん何も言わず家を出ました。 少し前から離婚したい旨を夫に伝えていましたが、私が希望するほど真剣に取り合ってもらえませんでした。 それならば、なんとか家族として共に…