ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

別居前後の心の変化

f:id:pippi-wind:20160422163329j:plain

↑1cmぐらいのキャベツの芯のかけらから葉が伸びてきています。キャベツって生命力強いですね。

 

その後、進展はありません。要するに何の連絡もありません。

 

私の心の変化について。

 

以前の暮らしでは、イライラしたり、怒ったり、何かするのが嫌になったり、穏やかと言うにはかけ離れていました。

 

今は、怒る事もイライラすることも全くなく、ただ静かな時間がゆっくり流れています。嵐の前の静けさなのでしょうか。このままずっと静かに暮らせたらいいのに。

スポンサードリンク

ただ、やっぱり結果として子どもを残して出てきた様な形になっているので、それが一番気がかりです。子ども自身は私が憂うほど寂しい思いはしていないし、あちらの家族も全力で子どもに尽くしているでしょうし、割と快適に過ごしていると思います。

私は単に周りの視線が気になるだけかもしれません。

勝手な母親。無責任な人。そう思われるのが嫌なだけかもしれない。

 

そこでまた堂々巡りになるのですが、

だったら、我慢して夫と一緒に暮らすのか?責任ってなんだろう。

結婚と言う契約を履行する責任ですか。

10年以上なんとか良くしようと頑張ってきました。自分が選んだ道だから諦めるしか無いと思いつつ。

 

夫の考えが絶対で、色んな面で束縛されていました。私も気が弱い方ではないのですが、折り合いをつける事を知らない人を相手に言い争っても体力が消耗していくだけ。いつの日からか反論はなるべくしない様にしている自分がいました。

自由が無く、仕事すら思い通りに出来ない。

金銭感覚の違いや子育てについての意見の相違、色んな点で噛み合ず、どんどん心の距離が離れていきました。

 

きっかけは私だったかもしれません。

共通の趣味があったのに、私がマラソンを始めたばかりにその趣味が立ち消えになってしまいました。そもそも、その共通の趣味がきっかけで結婚したので、そこの辺りからすれ違いが始まっていたのかもしれません。

 

人の心って理屈とか努力とかそういう事でコントロールできない部分があると思います。ある日、ふと気がつくんですよ。なぜここにいるのだろうか?いつまでこうしているのかと。

 

相手の呪縛から逃れるために、事故にあって死んでくれないかなとか、浮気して出て行ってくれないかなとか、人として最低な事を考えたりするようになりました。

あからさまに態度に出すとたちまち生活に支障が出ます。

私は心と行動がちぐはぐになって体調を崩し始めました。

 

もう愛していないのに夫婦のふりをして一緒にいられない。

正直に生きていきたい。

 

夫は私の事を愛していないと思います。

ただ所有欲や支配欲があっただけで、それは愛情とは言えないのです。

今はどう思われているかは知りません。

 

あちらの親族とも一切連絡をとっていません。

 

なんだか大げさに書きましたが、結局は人間が成長する事によって考え方も変わり、それによって価値観にズレが生じていき、心が冷めていくのではないでしょうか。

相手を思いやれなくなったら、いつの日か破綻するのでしょう。

 

離婚なんて絶対しないと心に誓っていた頃は、今の私の様な人に対して偏見を持っていました。わがままで勝手な人!そんな人とは友達にはなれないとまで思っていました。

だから、周りで離婚する人が出ると、もう関わりたくないと思っていました。

なんて心の狭い馬鹿だったんだろう。

今は違います。ほとんどの人がものすごく悩んで悩んで何日も何年も悩み抜いた結果、別れる事を選んだんです。

簡単に離婚なんかできませんから。今となってはあの頃の態度を反省しています。

 

法的にはまだ夫婦です。でもそんな事どうでもいいくらい私は今とても自由で心も壊れていません。嘘みたいに快適な毎日を過ごしています。本当に良かったです。

 

今の部屋を借りた当初はこんな狭いところで生活できるだろうかと不安でいっぱいでした。狭くて息が詰まって精神的におかしくなるかな?と。

とんでもない、私の新しい暮らしにぴったりサイズです。少し広いかなと思うぐらい。もしかしたら4畳半でも大丈夫だったかもしれない。狭いと無駄な動きが無いし、無駄に掃除もしなくていいし、無駄なものをついうっかり買ってしまうと言う事も防げます。

 

ともかく、今の暮らしがとっても気に入っています。私の希望としてはこのままこの穏やかな時間がずっと続いて欲しいです。でももし何かが起こって、どのように転んだとしても、なんとか生きていけるとも思っています。

あの家を出て約半年。確実なのはもうあちらの暮らしには戻らないと言う事。未だになんとなくびくびくするのはもうそろそろやめようと思います。

 

スポンサードリンク