読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

体脂肪を減らす、ダイエットのポイントはこれじゃないかな?

f:id:pippi-wind:20160601200743j:plain

痩せている原因をダイエットに活かせるかも

私は痩せ過ぎで悩んでいて、おおよそこれが原因だろうなと言う目星はついてます。

これって痩せたい人にとっては、もしかすると参考になるかもしれない。

そう思いついたので、ポイントをお知らせします。

 

スポンサードリンク

 

1.白砂糖をやめた

砂糖は麻薬の様なもの。疲れたら欲しくなります。でも本当に身体が欲しているのはフルーツなどに含まれるビタミンCだそうです。

日常的に高度に精製された砂糖を摂取していると、脳が覚えて摂取せずにはいられないという悪循環になるんだと思います。

かといって、今流行の糖質制限をいきなり実践しようとしても辛く苦しいですよね?

私は糖尿病などの病気じゃない限り、極端に制限する事は無いと思います。

白砂糖を黒糖やきび糖に置き換えてみてください。

まずはそこから。

身体が慣れてきたら砂糖はそんなに欲しくなくなります。

これだけでも痩せそうです。

 

2.スナック菓子、コンビニ菓子、市販のお菓子はほぼ食べない

ながらスナックは絶対ダメだと思います。スナック菓子には筋肉を育成する為の栄養価はほぼないでしょう。炭水化物(糖質+繊維質)のかたまりです。甘いお菓子やジュースにはとんでもない量の白砂糖が入っていますよ。これを食べたら脳が忘れられなくなり、また食べたくなる悪循環です。

私は黒糖をつかったお菓子を手作りしています。手作りはハードル高いですか?

まぜて炊飯器のボタンを押すだけでできるケーキもあります。ぜひチャレンジしてください。

pippi-wind.hateblo.jp

あとクリーム系のお菓子、食べないです。シュークリームや、クリームのケーキ、アイスクリーム。例外的にはグループで走りに行ったりした時には食べます。毒薬ではないので、絶対排除という極端な事はしません。特別な時は食べます。

クリーム系・ショートニング・ファットスプレッドにはトランス脂肪酸が含まれていて身体に悪いそうです。アメリカの肥満の原因らしいですよ。

クリーム系が食べたくなったら、卵をつかってプリンを作りましょう。案外簡単で美味しいです。他にはココナッツミルクやココナッツクリームという手もあります。

生クリーム(動物性)もたまにはいいかもしれません。私は最近は脂肪質を取る為に生クリームを取る様になりました。おからケーキなどに添えて食べます。

缶ジュース・缶コーヒーには恐ろしく大量の白砂糖が入っているのでマイボトルを持ち歩きましょう。

 

3.鶏のもも肉よりむね肉

鶏のむね肉の効果は高いと思います。これまでは毎月もも肉2kgとむね肉2kg食べていました。

私は太る為に当面はむね肉メインのおかずは避ける事にしました。もも肉の比率を倍に上げるつもりです。

むね肉でもお料理の仕方によってはボリューム感のある満足できるものになりますよ。

pippi-wind.hateblo.jp

4.サラダ油は使わない。オリーブオイルかグレープシードオイル

これもポイントかもしれないです。

グレープシードオイルはコレステロールゼロです。

サラダ油や加工された油は薬品を使って科学的に抽出したものなので、身体にとっては不自然な油ということらしいです。

ちなみにオリーブポマスオイルも薬品で抽出しているので、選ぶ場合はバージンオイルをお選びください。

 

5.腹八分目、食前の空腹感を大事にする

究極におなかが減っていると、食事が2倍も3倍も美味しくなります。

空腹を感じると若返りの効果があるそうですよ!そう思うと我慢できませんか?

だから、食べ過ぎない。ちょっとした習慣です。

また、寝る前2時間は食べません。次の日の朝、おそろしく美味しく食べられる様に、楽しみにしながら眠ります。空腹で眠れないという言葉を聞きますが、私はそんな事は感じないです。夜更かしせずさっさと眠りましょう。

どうしてもの場合は、豆乳などを少量あたためて飲むと落ち着くと思います。

 

(番外)運動

個人的には運動も痩せている一つの原因だと思っています。

しかし、私の運動量は一般的な市民アスリートの中でも少ない方です。

先月の累計運動量は、

 

《ランニング》150km

《スイム》15km

《バイク》400km

 

です。

だから、運動はほぼ関係ないと思います。

でももしかすると裸足ランが原因かもしれません。興味があればやってみてください。

 

注意点:急に痩せない様に気をつける

急に痩せるとリバウンドや、皮膚のたるみ、内蔵への負担、良い事は何もありません。

2ヶ月で1キロ、年間6キロ以内にとどめ、痩せすぎない様に注意しましょう。

ゆっくり痩せる事で、太らない生活習慣が確実に身に付きます。

 

太っている人も痩せている人も、良いものを美味しく食べて、理想的な体型をめざしましょう!

 

 

スポンサードリンク