ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

2日間のクリスマス休暇はSpeech in English

疲れました。

とっても疲れました。

2日間にわたる面接授業でした。

朝10時から80分授業が4コマ。

体力ぎりぎりです。

お弁当を作りました。

f:id:pippi-wind:20161225193129j:plain

自家製塩昆布入りおにぎり、

鶏の照り焼き、

卵焼き。

 

1日目は、まずI introduce myself.

16の問いを16人別の人とお話しし、プリントに記入するというイベント。

そしてキング牧師とマララさんとスティーブジョブズとヒラリーさんのスピーチを見たり、声に出したり。

 

お弁当は少なすぎて全く足りず、コンビニで菓子パンを購入しました。

午後からの授業を終え、イオンに立ち寄って家族にクリスマスプレゼントを買い、

1時間半かけて自転車で実家に帰りました。

普通の人の感覚だと1時間半も自転車に乗って移動っておかしいかもしれないけれど、わたしのようなトライアスロンの人にとっては、さほどおかしな事でもないです。

 

毎年クリスマスには高級なクリスマスケーキを妹がセレクトし注文するので、それを食べました。

一切れ約1000円ぐらいするケーキを堪能し、帰宅したらもう何の力も残っていませんでした。

 

次の日もなんとか起床し、お弁当を作成。

f:id:pippi-wind:20161225193142j:plain

おにぎり、豚肉と玉ねぎの醤油炒め、鳥団子と白菜のボンズがけ。

そしておやつに一口ゼリーをいくつか。

お昼は十分足りました。

 

グループセッションでスピーチを発表しあい、

代表の人がスピーチして、その後クリスマスソングを歌って、

最後にレポートを提出しておしまい。

 

今回の講師のまた美しい女性が、私の卒業した高校で16年間英語を教えていたそうです。

1年違いでしたと申し上げたけれど、あとあとよく考えてみるとあと10年も前の事でした。

ずうずうしくも、もう高校を卒業してから20年以上経過していたのを忘れています。

 

今回の面接授業はものすごく楽しい時間でした。

 

イブの日、実家から自宅へ帰るとき、寒かったのでマフラーをもらいました。

妹のお下がりです。

でも私にとってこれはクリスマスプレゼント。

唯一のクリスマスプレゼント。暖かいです。

f:id:pippi-wind:20161225193149j:plain

面接授業は楽しいということがしみじみわかった2日間でした。

いろんな人とお話しして本当に楽しかった。

次学期はもっと面接授業とりたいです。 

 

疲れたので年賀状の宛名書きは明日にしよう。

もう寝ます。

 

ではおやすみなさい。良い夢を見ましょう。

 

 

スポンサードリンク