ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

裸足感覚について言及しておきます。

ずばり裸足感覚の履物は、

あくまで裸足感覚であって、裸足とはまったく違うものです。

 

足裏に1枚なにかが挟まることによって、地面からの情報を大部分遮断します。

 

裸足が速く走るのを助けてくれたり故障を防いだりするかどうかは知りません。

裸足がすぐれているんだ!という事でもありません。

少なくとも、走っている感をより強く感じられるのは裸足だと言う事です。

 

裸足での走りが身体に浸透すると、履物を履く走りは楽しさが半減します。

 

地下足袋は私の足にあいませんでした。

二股の部分が摩擦のストレスを感じたからです。

でもワラーチなら摩擦のストレスはありませんでした。

ということは、サイズやフィット感の問題かもしれません。

 

裸足で走るということは、走るという種類の中で一番自由を感じられます。

ものすごく自由(フリーダム!)。

 

ということで、裸足感覚と裸足とは大きな違いがあるという事なのです。

 

よろしく!

 

 

 

スポンサードリンク