ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

福知山マラソン

昨日は福知山マラソンでした。

去年はサブフォーまであと一歩というところだったので、今年はサブフォーだといいなと思っていましたが、引越などで思う様に時間が取れず、走る気力も湧かなかったので、去年の様なペースでのトレーニングが出来ていませんでした。

 

でももしかしたら走れるかもしれないという期待はうっすらありました。

現状でのベストを尽くす。

そういう気持ちで挑んできました。

 

4時間19分でゴール。

 

あきらめずに最後までがんばれたと思います。

 

今回の福知山マラソンは27人の裸足ランナーが快走したようです。

 

その中にはサブスリーでゴールした裸足ランナー2名もいました。

トップの裸足ランナーを折り返しで見かけましたが、フォームなど素晴らしい走りでした。めちゃくちゃかっこ良かったです。

 

福知山マラソンではゴール後に女性だけにカーネーションがプレゼントされます。

短めに切ってポトスと一緒にキッチンに飾りました。

f:id:pippi-wind:20171124111353j:plain

 

では、自分の結果を振り返ります。 

f:id:pippi-wind:20171124104028j:plain

f:id:pippi-wind:20171124104032j:plain

 

事前のトレーニングでは6分半のペースで走るのが精一杯のところ、なんとか6分前後で30kmは走れたみたいです。

 

そもそもEPSONの画面表示がなぜか1km毎のタイム表示になっていて、ペースが全くわからないままに走ってしまい、後で確認すると計画よりオーバーペースとなっていました。

 

15か21kmまでは5分50秒くらいのペースで押さえて、そこからスパートをかけるつもりでしたが、20kmすぎてもペースをあげる事は出来ませんでした。

たぶん、それまでのペースが十分に抑えられておらず、余裕がなくなってしまったんだと思います。

 

でも、なるべく最後まで出し切ろうと、ペースダウンしても歩かずにがんばりました。

110%ぐらいがんばれたと思います。

 

あとは、天候が厳しかったです。

冷たい雨が足を冷やして着地感覚が麻痺しました。

足裏の感覚だけでなく、膝下も凍り付いて加減がわからなかったからか、今回は右足裏に血豆を1つ作ってしまいました。

 

血豆が出来るなんて、もうとんでもなくショックです。

血豆は着地が乱雑だった証拠です。

 

たぶん、現状の実力以上に頑張って走りすぎたのでできたのでしょう。

 

走り終わってすぐは右ひざの外側と足首が少し痛みましたが、1晩寝たらなおりました。

今は全身の疲労感があるだけで筋肉痛などは無いようです。

 

来年は福知山の前にハーフに出てしっかり走る習慣を身につけたいなと思いました。

 

これにて当分ランは冬眠します。

 

今日からは水泳をがんばります。

では良い一日を!

 

スポンサードリンク