ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

水都大阪100kmウルトラマラニックの70km部門

おはようございます。

かなり苦戦してゴールへたどり着きました。

f:id:pippi-wind:20180424110248j:plain

先週は仕事が忙しく、一度もプールに行けなかったため、うまくフルのダメージを回復させることができていなかったようで、走り始めから足が重くて、10km地点ですでにバキバキ状態になってしまい、リタイアが頭をよぎりました。

 

この日は暑くなるという予報だったので、インナー1枚のという軽装でした。

そのため、極端な暑さは感じられませんでした。

わりとずっと風が吹いていて、ほぼ裸状態だったので体温の上昇が防げました。 

 

最初の10kmは毎年同じくおしゃべりをしながら進むので、あっという間に過ぎていきます。

 

しかし、淀川へ入る頃はちょうど足がバキバキになり、これは半分も走れないかもという予想をしてしまいました。

 

足が完全に終わるまでは投げ出さないようにしようと思いながら進みました。

 

今年もサンダルと裸足のハイブリット走行。やっぱりサンダル慣れしていないため、サンダルを履いた途端に走りがおかしくなり足全体に負担がかかります。

脱ぐと嘘のように軽く走れるのですが、あいにく淀川の路面はいくらなんでも裸足で走るのに適していない路面なのです。

 

サンダルで走る練習をすればいいかもしれませんが、裸足で走る時間を削るのがもったいなくて結局できませんでした。

まだ5本指シューズの方が慣れていて走りやすいのですが、それだと脱ぎ履きが大変なので、どうも採用しにくいのです。

 

今回、足先だけの靴下を持っていきました。

5mほどつけてみたけれど、まったくダメでした。意味なし。

 

サンダル作っている人に一度相談しようかな?

 

とりあえず、エイドだけを目標にじわじわ進みました。

今回は水を入れるためのペットボトルと、エイドで飲み物をもらうためのプラのコップを持っていきました。

どちらも役立ちました。

 

ただ、ミックスジュースだけは紙コップを1つもらいました。

 

30kmを過ぎたあたりでリタイアを現実的に考えていたところ、

ブログ読んでます!という人が。

もうひとつのブログのことかなと反射的に思ったら、

「2つとも読んでます!」と言われました。

2つともか...。私バレバレですね。

(いいんです。隠しているわけではなくて夫などに読まれたくないだけなので。)

(今回はこちらのブログのみの更新です)

 

なんとなくリタイアしにくい気分に...。

せっかく読んでもらってるんだから、なんとかゴールしないと。

 

読んでくださってありがとうございます!うれしいです。

 

その後も心が折れそうになるたび、〇〇さん頑張って!と名指しで応援してくれる人がいて、なんとか動かない足を前に繰り出しました。

 

去年より1時間ほど遅いタイムでゴール。

 

疲れたけれど、先に足が終わったため胃腸の調子はまったく問題なしでした。

 

ただ、スタート前に友達とおしゃべりに夢中になってしまい日焼け止めを塗り忘れたので肩が火傷状態です。

この年になってやってしまいました。

 

まぁ、もう気にする必要もないですけど。

 

走っているときはもう来年からは遠慮しようと思ってましたが、終わると寂しくなってまたエントリーしてしまうんですね。

 

もう少し仕事に余裕ができて、普段のトレーニングが思うように進められたら、絶対に出たいです。

 

そうそう、この大会のなにが素晴らしいかというと、いろいろあるけれど、

サービス面では、

 

ゴール後の冷たいおしぼり!

美味しいコーヒー&軽食のサービス!

 

これ最高にありがたいです。

後はランナーもみんな素敵な人ばかり。

ゴミをちらさないし、マイコップ持ってるし、譲り合い、励まし合い、気持ちのいい大会だと思います。

 

コースが単調だけどね!

 

これでマラソンは一旦終了。

次は楽しい面白いトライアスロンだ。

 

では、今日も1日がんばろう。

 

 

スポンサードリンク