ピッピ、そよ風に乗って

6畳1kひとり暮らしゼロからの再出発で50までに人生挽回を目指すブログ

※訳あって匿名希望です

フリーランスの方へ小規模企業共済に加入をおすすめします。

f:id:pippi-wind:20160404115401j:plain

ある日、税務署の人が訪ねて来ました

 

ピンポーン。

「○○税務署から来ました。」

 

ある年のある日、税務署の人が訪ねて来ました。

 

当時、私の事業の経理は夫が牛耳っていて、経費等の記録は保管していましたが、開業からずっと申告していない状態が続いていました。

 

ちなみに私の仕事はざっくり言うとIT関連です。

 

次の訪問までに資料を用意しておいてください。とその日はすぐにお帰りになりました。

 

スポンサードリンク

資料を用意し、何度かの訪問で親切丁寧な指導を受けながら申告書類を作成しました。

通常の白色申告ではスルーだっただろう細々した経費はほぼ認められずがっさり切り捨て。

 

しかも何年前かにはたまたま売上額が多くなっていた年があり、消費税も支払う事に。

 

結果的に支払う所得税は割高になり、5年分まとめ払い。

プラス追徴金。

過去の住民税や、次回の健康保険料にも影響して来ます。

 

この一件でん百万円を支払う事になりました。

別に裕福でもなくそれなりに切り詰めた生活だったのでダメージが大きすぎました。

実話ですよ。

 

 

税理士さんに相談する

 

その際に、税理士さんに相談しました。

相談するには遅すぎるタイミングだったのでどうにもならなかったのですが、

ひとつアドバイスをもらいました。

 

小規模企業共済と言うのがあるから入っておきなさい。

 

小規模企業共済は、中小企業を対象とした経営者の退職金制度です。

掛け金(1,000円〜70,000円)を月々一定額積み立てます。

掛け金は全額所得控除となります。

 

 つまり、老後のためとかもしもの為に銀行に貯金しておくでしょ?

それは確定申告時に経費としては認められないですが、

この共済は全額が経費として認められるんです。

月7万円にすると年間84万円です。

 

ただし退職金を受け取る際に、退職所得として税金を納める必要があります。

 

比較したところやはり共済金として掛けていく方がメリットとなるようです。

 

www.smrj.go.jp

 

退職するまでの定期預金と考えたらいいんじゃないでしょうか。

 

でももし途中でお金が必要になったら?

 

大丈夫です。

 

 

一般貸付けを受ける事が出来る

 

これまで納めて来た掛け金の範囲内となりますが、

簡単に一般貸付けを受ける事が出来ます。

 

一般貸付けのいいところは、当日すぐに融資が実行される事。

保証人がいらない事。

何に使うかも聞かれません。

 

わたしも大きなお金が必要になった時に融資を受けたのですが、必要書類と実印を持っていってその場で現金で融資を受ける事が出来ました。

金利は年利1.5%。

www.smrj.go.jp

 

加入はお近くの銀行窓口(どの銀行でも良い)で問い合わせると書類を用意してくれます。

 

確定申告は青色申告65万円控除

 

確定申告は青色申告であわせて決算書を提出すると65万円控除が受けられます。

難しい事がわからなくても大丈夫です。

 

私はオンラインソフト「やよいの青色申告」を利用しました。

www.yayoi-kk.co.jp

 

日々の取引を入力していくと、自動的に必要な帳票類が作成されます。

入力支援も充実していて素晴らしいソフトです。

いろんな用語があるので、多少は調べる必要があるかもしれません。

 

売上額が1000万円前後になる人は税理士にお願いするといいかもしれません。

税理士さんにお願いする費用を考えると売上額500万円前後なら自力で頑張る方がよいかもしれません。

 

今年の申告は終わりましたが、来年に向けてコツコツ頑張ろうと思います。

 

ちゃんと申告して適正な税額を納めましょう。

 

 

スポンサードリンク